2015年07月19日

nano.RIPEはなぜ「ズコーさん」と呼ばれるのか?

nanoripe_kodama.jpg

nano.RIPE(ナノライプ)というバンドをご存知ですか?
アニメ「花咲くいろは」や「バクマン。」などアニメのオープニングを手掛けることが多い女性ボーカルのバンドで、キャッチーなメロディや特徴のあるボーカル(きみコ)の声質が特徴のバンドです!


nano.RIPE『面影ワープ』Music Video(Full Ver.)
(アニメ『花咲くいろは』オープニングテーマ)

ふと、ネットを見ていたらnano.RIPEが「ズコーさん」と呼ばれていることに気付き、なぜだろう?と思ってました。
でもその理由がどこにも明確に書いていなかったので私なりに調べてわかったことと、見解をまとめてみます!


「ズコー」とは?



そもそも「ズコー」とは何?という話です。
ズコーとは、いわゆるコントなどで意表を突かれ転げるイメージを指しているようです。


     ∧∧
   ヽ(・ω・)/   ズコー
 \(.\ ノ
、ハ,,、  ̄
 ̄ ̄

↑有名なAA(ズコー)

ということで、意表を突かれたズコー・・・さん?ということになります。
調べてみるとどうやら、
nano.RIPEがズコーしたわけではなく、nano.RIPEがズコーと言われたことが起源のようです。


「ズコー」と言われたのはどうして?



さて、ではどうして「ズコー」と言われたのでしょうか?
元はアニメ「花咲くいろは」のオープニングテーマ「ハナノイロ」にあるようです。


nano.RIPE「ハナノイロ」
(TVアニメ『花咲くいろは』OP主題歌)

この曲は、はじめての大型タイアップとなり、nano.RIPEの出世作となったわけですが、
その特徴的なボーカルの声質を始めて聴く人が多く、その際にボーカルの出だしで意表を突かれて(聴き手の予想した声質と違って)ズコーという表現を使った人がいたのが起源のようです。

ただ、歌や演奏の技術不足などではなく単純にボーカルきみコの特徴的な声質のせいで、この声質は逆にnano.RIPEの特徴でもあるため、そこにハマる人も多く現れました。

私も最初は「お!?」と思いましたが、
聴いていくうちにそれがむしろ「nano.RIPEらしさ」となって馴染んでいきました。
あとは圧倒的なメロディセンスなどもあり、私自身もハマっていくのでした。


そんな、nano.RIPEを応援していきたい!



声質はどうしても好みもあるので、全ての人がnano.RIPEのボーカル きみコさんの声質が好きかどうかはわかりません。
ただ、それはきゃりーぱみゅぱみゅやミスチルだって同じことです。

考えてみれば、昔は高音でキンキンなアニメ声は敬遠されがちでしたが、Perfumeやきゃりーが一世を風靡して一般的となりました。
そんな感じで、なんだって馴染めば1つの個性でしかありません。
既に現在は愛嬌的な意味で「ズコーさん」と読んでいる人がほとんどですし、nano.RIPE自身も現在進行形で数多くのアニメ主題歌等を手掛け、成長を続けています!

私は、nano.RIPEを今後とも応援していきたいと思っています!
最新曲も良い曲ですね♪


nano.RIPE「こだまことだま」MV Short ver.
(アニメ『のんのんびより りぴーと』オープニングテーマ)


最新シングルは2015年7月22日発売です。
posted by TSUKUNE at 19:14| Comment(2) | nano.RIPE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アニメ1話を見ないとわからないと思います。本編中に急に歌が始まって、ほんとに音も外れて聞こえました。2話からはそこまで気にならなかった気がします。
Posted by at 2015年08月30日 00:33
引き合いにきゃりーぱみゅぱみゅやミスチルが出ていますが
ボーカル的にはJUDY AND MARYの方が近いと思うし
特徴的な声という点でもきゃりーぱみゅぱみゅより前に
JUDY AND MARYやCharaが既に認知度を得ている様に思います
Posted by at 2015年09月22日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: